フラット35審査でつなぎ融資はどうなる?

住宅ローンは原則的に竣工された住宅に対して適用される性格のものです。
担保となる不動産物件が登記されていないと抵当権を登録することができません。
ですから、建売り住宅やマンションに関しては申し込んでから審査までスムーズに勧めることができますが、これから建築する住宅に関しては住宅ローンを組むことができないのです。
この問題を解決するのが「つなぎ融資」と言われる融資で、正式な住宅ローンを契約するまでにかかる費用をつなぎで借り入れるというものです。
つなぎの期間は利息だけを支払い、住宅が完成し正式な契約を結ぶときに精算するという手続きになります。
しかし、つなぎ融資は、すべての銀行で実施しているわけではないので、つなぎ融資を扱っている銀行の中でフラット35を探すという手順を踏まないといけません。
つなぎ融資のおすすめは楽天銀行のフラット35?