フラット35Sとは?

フラット35Sとはフラット35で申し込みをされた場合に、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得する場合に、フラット35の借入金利を一定期間引き下げる制度です。
住宅性能は以下の4性能が対象になります。
省エネルギー性に優れている、耐久性・可変性に優れている、耐震性に優れている、バリアフリー性に優れている。
フラット35Sには、AプランとBプランがあります。
Aプランは、借入金利を当初10年間年0.
3%引き下げます。
(1)~(5)の次の基準を1つ以上満たす住宅はAプランが適応されます。
(1)エネルギーの使用の合理化に関する法律に基づくトップランナー基準に適応する住宅(一戸建てに限る)(2)認定低炭素住宅(3)長期優良住宅(4)耐震等級3の住宅(5)高齢者等配慮対策等級4以上の住宅(共同住宅の専用部分は等級3でも可)Bプランは、借入金利を当初5年間年0.
3%引き下げます。
(1)~(5)の次の基準を1つ以上満たす住宅はBプランが適応されます。
(1)省エネルギー対策等級4の住宅(2)劣化対策等級3の住宅で、維持管理対策等級2の住宅(共同住宅等は、一定の更新対策が必要)(3)耐震等級2以上の住宅(4)免震建造物(5)高齢者等配慮対策等級3以上の住宅フラット35Sでローンを借りることを、検討してみてはいかがでしょうか。