FXシグナル配信はスイングトレードが適している?

FXシグナル配信は、優秀なトレーダーの手法やエントリーポイントをそのまま真似できる点は、素晴らしいのですが、利用する際には面倒な事が多々あります。
メール配信という性質上、もしデイトレードやスキャルピングのFXシグナル配信だとすると、ほんの少しであっても、メール配信側と受け取り側のタイムラグが発生してしまいます。
それに、サラリーマンで昼間は仕事をしているなら、一日の多くのシグナルが無駄になってしまいます。
FXシグナル配信を利用するのに向いているトレードスタイルとしては、スイングトレードがあげられます。
数週間から数か月単位でポジションを持ち続ける、スイングトレードなら、会社から帰ってからゆっくりと指値注文のシグナルを見て指値を入れたり、夜だけの定時配信のものを使うなど、生活スタイルに合った使い方ができるでしょう。